スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

5月のまるアート教室を終えて

<小学1年生の男の子> お母さんと一緒に参加。 紙粘土でペンギンの特徴である口ばしや両手を作っていきましたね。 着彩の時も楽しそうに様々な色を重ね、深い色味を表現しています。 最後に作品を持ち帰る段ボール箱の内側に カラーペンで風景を描き入れジオラマのように表現していきました。 ゴールデンウィーク明けの週末、5月のまるアート教室を開催しました。 ご存じのように、新型コロナウィルス感染症の第4波がまだ落ち着きを見せておりませんが、感染対策をしっかりと行ったうえで、子どもたち、保護者の皆さん、そしてまるスタッフの皆さんと一緒にアートの時間を楽しく過ごすことが出来ました。今日は一日本当にお疲れ様でした! 今回はベーシックとアドバンストコースそれぞれ共通して「立体作品」を制作していきました。それでは各コースを振り返ってみます。   ●ベーシックコース 5月8日(土)10:30~12:00(1.5h) テーマ:好きな動物 内容:紙粘土とアルミホイルを使って動物づくり 参加者:4名+各保護者 スタッフ3名+中村 計11名 立体作品というと、その基本的な要素としてあげられることは「量感」(専門用語でマッスと言います)があげられると思います。そしてその量感を表現するにあたって今回使用した素材は、「アルミホイル」と子どもたちにも大人たちにも触って心地よい「紙粘土」を使用。そのプロセスはアルミホイルで大まかな動物の量感を作り、そのまわりを紙粘土で覆っていく形で表現していきます。 特に紙粘土を両手・指先を使ってコネコネする体験を重視して進行していき(手は第二の脳なんていいますしね)もし早く完成してしまったらオプションとして水彩絵具を使って着彩まで行ってみました。 結果的に全体として30~40分くらいで表現したい動物の形が仕上がったため、参加者全員が着彩まで行い、最後にテーブルを囲んで作品の発表を行いました。 <小学3年生の男の子> まるスタッフと一部私も加わって三人で制作。 紙粘土よりもアルミホイルの可塑性に興味を覚え、 ちぎっては丸めてを繰り返し、たくさんの玉も制作。 前回よりも表情がとても明るくなっていた気がしました。 <年長の男の子> 今回はお父さんと一緒に二人三脚で制作していきました。 着彩時に制作した猫へ着彩するよりも いろいろな色の絵具を混ぜていくことに興味を覚え ふとその表

最新の投稿

5/9「秘密基地ピクニック」中止のお知らせ

茨城県感染拡大市町村の指定及び、第1回みんなのアート基礎講座中止のお知らせ

みんなのアートプロジェクト「秘密基地ピクニック」

第1回 みんなのアート広場を終えて

4月のまるアート教室を終えて

インスタグラム開設!

令和2年度コミュニティワーク実践講座・修了!