スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

オンラインフェス「あそまなび」

今回はいつもお世話になっているT-KIDSシェアスクール主催の「あそまなびフェス!@オンライン」に講師として参加させていただきました。イベント全体のテーマは、<「好き」をみつける「好き」をたのしむ>というもの。そこでアートコンパスでは日本の伝統文化の一つである「見立て」を取り上げてみました。題して「見立てで遊ぼう!-MITATE MASTERへの道-」です。参加していただいた子どもたち、保護者の皆様、T-KIDSシェアスクール担当の一瀬様、スタッフの皆様、準備の段階からイベント当日まで、本当にありがとうございました。特に参加いただいた子どもたちには今回の講座を受講して「見立て」を好きになっていただけたのであれば幸いです。●概要「見立てで遊ぼう!-MITATE MASTERへの道-」日時:2020年10月25日(日)11:30~12:30Zoomによるオンライン講座参加者:2名 講師:中村主催:T-KIDSシェアスクール
●講座の流れ① はじめに「アートコンパスと参加者の自己紹介」② ミニレクチャー「見立てってなぁ~に?」③ 初級編④ 中級編⑤ 上級編⑥ おわりに「MITATE MASTERの更なる試練の道」
●振り返ってこれまで弊社でもZoomを活用したオンラインワークショップ(オンラインアート広場)を開催していたので、特にそのオンラインに対しての抵抗はなく、あとは講座の構成と時間配分、当日の参加者とのやり取り、そして進行を計画通り進められるかどうか?そのあたりが不安要素でした。前日までに参加者数(3名)が決定していたので、少人数であることから当日は「子どもたちとの対話」と「子どもたちの発表」の時間をたくさん取れるとふみ、見立ての作品制作と同等なぐらいに重点を置いてもいい気構えで臨みました。というのも、このオンラインによるワークショップでは、参加者の立場から「ただただ講師や有識者たちの話を延々と聞いている」よりも「参加者自身が積極的にコミュニケーションを取りながら参加していく」ことのほうがオンラインの満足感や達成感が全く異なってくると感じていました。(主観的な感じ方ですが)このことは弊社のオンラインアート広場だけの経験からではなく、私自身がこれまで他社のオンライン講座等に参加したときの経験も踏まえての理由です。そこで自己紹介(3点:①お名前 ②学年 ③好きな事)の時間…

最新の投稿

みんなのアートプロジェクトのお知らせ

年末までの活動予定について

10月「オンラインアート広場」の振り返りと、終了のお知らせ

第4回 みんなのアート基礎講座を終えて

10月のまるアート教室

10月「みんなのアート広場」を終えて