スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

1月の個別アート支援を終えて

お母さん撮影! 今日は今年最初の個別アート支援の日でした。 そしていつものように車でN子ちゃんが住む筑西市へ向かいました。 今回のモチーフはズバリ動物の「サイ」です。 当初は「フクロウ」を描く予定でしたが、私が持参したパソコンでフクロウを検索し、一緒にN子ちゃんとお母さんの3人で閲覧していると、だんだんと気持ちが別の動物へ・笑 そしてN子ちゃんがお母さんに「好きな動物は何?」と聞いたところ、 「サイかな」ということで決定しました!   それからまた3人でサイについて検索画像を通して観察を始めていきました。 「目がくりっとしていてかわいい」 「あれ?口はどこ?」 「これがきっと鼻だよ」 「日本でサイはどこで見られるかな?」 「上野の動物園? 群馬のサファリパーク? かみね動物園?」 などなど、おしゃべりを通してサイにまつわる情報を広げながら共有していきました。 よくよく考えてみると、この情報を広げ共有していく時間はとても重要なことで、例えば一人で観察するよりも2~3人で観察し、より多くの(多様な)情報を共有した方が、新しいアイデアや創造性が生まれる可能性が大きいのではないかと常々思っています。 このことについては私が今読んでいる書籍 「多様性の科学:マシュー・サイド著」 (←クリック)に詳しく書かれているのでもし良かったら参照してみてください。 話がそれましたが、今回のアート支援での大きなポイントは、なんといっても描き出し時の「描く対象を〇や△や□などの幾何学形態を組み合わせ、モチーフの特徴(基本構造)を大まかに捉えつつ、画面全体の構成にも気を付けていくこと」でしょうか。 難しいように聞こえますが、決して難しいものではなく、例えば習字で言うところの、「山」という漢字は大きな三角形の中に、また「田」という漢字は大きな四角形の中に納まるといった感じで書くと、バランスよく綺麗な字が書けるといったことです。 絵画でも同じことが言え、そこでN子ちゃんは初めに濃い目の鉛筆(2B~4B)でサイの補助形態(楕円形や四角形)を薄く描きながら、全体のバランス(画面構成)を確認し、そこから絵の中心となるサイの顔(目や角)からコンテで描き始めていきました。 N子ちゃんは初め、茶色などのコンテも使用していましたが、鉛筆の色味がサイに合っていたこともあり、鉛筆を使って最後まで描き切りました。 完

最新の投稿

構想中:みんなのアート展について

T-KIDSシェアスクール「型染め手ぬぐいづくり!」

新年明けましておめでとうございます。

みんなのアートプロジェクト「ランタンツリー2021」